Win Programs

Windows10が便利になるWindowsストアアプリ・フリーソフトガイド。ダウンロード・インストール方法から使い方・トラブル解決など使いこなし術も満載!

OneDrive

OneDriveの概要

種別デスクトップアプリ
提供元Microsoft
入手元 公式サイト
概要・補足

OneDriveはMicrosoftが提供するオンラインストレージアプリケーション。
さまざまなデバイスに対応しており、Microsoft アカウントを持っていれば無料で15GBまでいつでもファイルを閲覧・編集・ダウンロード・アップロードすることができる。
クラウド上にファイルがあるため、ローカルやHD、USBなどにファイルを保存していて破損したなんてことがなくなる。
例えば会社で作業してOneDriveにファイルを保存して、自宅に帰って作業を続けるなんてことも可能なのだ。
Windows 8.1 および Windows 10ではOneDriveが標準アプリとしてインストールされている。

OneDriveへログイン

OneDriveの使い方

OneDriveフォルダー

デスクトップ下部のアイコンからドライブを起動。
OneDriveの同期状況も確認できる。

フォルダへファイル移動

OneDriveフォルダへファイルを移動。
見た目は通常のローカルフォルダと変わらないのだがオンライン上のストレージと自動的に同期される。

WEB版OneDrive

WEB版OneDriveへログイン
https://onedrive.live.com/?gologin=1

ファイル同期確認

ログインすると先ほどローカルでOneDriveへ移動したファイルが同期されていることが確認できる。

WEB版の使い方

WEB版OneDriveでは
①新規 ‥Word、Excel、PowerPoint、OneNoteなどMicrosoftのオンラインアプリケーションで新規ファイルを作成することができる。
②アップロード ‥ファイルを参照してアップロードすることができる。
③共有 ‥選択したファイルを宛先指定またはリンクを取得して共有することができる。
④ダウンロード ‥選択したファイルをダウンロードすることができる。

OneDriveをインストールしているパソコンではWEB版を利用する機会は少ないかもしれないが、出先のPCでWEB版へログインしてファイルを確認したりするのに便利だ。

関連記事